カテゴリー
音声配信番組

「ハンドベルに出会えてーTさん」

Tさんは、中学高校の音楽教諭です。転職をきっかけに、それまで未経験だったハンドベルの、部活動の指導をすることになりました。4年ほどたったころ、手違いからハンドベル部の大切な大会に参加できなくなり、生徒たちに大きなショックを与えてしまいました。その結果、Tさんはしばらくハンドベル部の指導を離れることになってしまいます。失意の中にあるTさんを励ましてくれたのは、家族や、ハンドベル関係の知人でした。

*バックに流れるのは、大野キリスト教会ハンドベルクワイアによる讃美演奏で、
 曲名は「Savior Like a Shepherd Lead Us」です。

カテゴリー
音声配信番組

「ポッドキャストがもたらした私の転機ーOさん」

Oさんは50代男性です。お父さんの他界と共に、うまくいかないことが続いている中で、教会のポッドキャストに出会い、 Oさんに転機が訪れました。

カテゴリー
音声配信番組

オペラの明日を拓く-Kさん

今日は、オペラ歌手として活躍しているKさんのお話しです。Kさんがオペラ歌手を目指すことになったきっかけからお聞きしましょう。

カテゴリー
音声配信番組

義母(はは)と過ごした最期の時間-Yさん

Yさんは、ご主人と二人でトマト農家を営んでいます。昨年、ちょうど農繁期に入るころのこと、高齢者施設に入っていたご主人のお母さんが、誤嚥性肺炎で入院してしまいました。新型コロナウィルスが流行し始めてお母さんに面会もできません。病院の先生から、お母さんの余命は一か月位と言われ、Yさんとご主人はお母さんを自宅に引き取って看病するという一大決心をしました。

カテゴリー
音声配信番組

若い心によりそって−YUさん

YUさんは高校の国語教諭。軽音楽部の顧問も受け持ち、忙しい日々です。若い人の心のケアをしたいとの思いから教師になったYUさん。
厳しく指導しなければならないときには、心を傷つけてしまうのではないかと葛藤を感じることもあります。

カテゴリー
音声配信番組

コロナ禍の看護師1年生を支えてくれたもの-Uさん

Uさんは2020年4月、新卒の看護師として就職しました。ちょうど新型コロナウィルスが流行し始めた年です。

Uさんが配属されたのは、希望した病棟ではなく、コロナウィルスの患者さんもいる病棟でした。

カテゴリー
音声配信番組

教会で見つけた私の居場所ーYさん

今日お話してくださるYさんは、ご主人の転勤で相模原市に引っ越してきました。

はじめての自治会会議の後、同じマンションの方に大野キリスト教会のイースター礼拝に誘われました。

やがて、Yさんは、教会の奉仕や小さなグループの仲間との交流から喜びや感謝を見つけ出していくようになりました。

カテゴリー
音声配信番組

エンディングの備え自主勉強会ーKさん

今日お話ししてくださるのは、県庁職員を定年退職後、行政書士のお仕事をされているkさんです。
kさんは教会で、「エンディングの備え自主勉教会」を主宰しています。
「エンディングの備え自主勉教会」は、老後の生活と、人生の終焉に際しての備えを考え、学ぶ会です。

カテゴリー
音声配信番組

シオン相模原を立ち上げて20年の歩み-Aさん

Aさんは、相模原市NPO法人「シオン相模原」を設立したメンバーの一人です。

「シオン相模原」は、2000年に設立され、高齢者や障碍者のためのグループホーム運営や、障害者の自立支援などを行なっています。

今日はAさんに、「シオン相模原」の20年の歩みを振り返ってお話をしていただきます。

カテゴリー
音声配信番組

聖句書道の働き-Oさん

Oさんは、昨年12月から、教会で聖句書道教室を開いています。

聖句書道とは、聖書の言葉を筆文字で書く書道です。