History

  • 1955年大野キリスト教会は、米軍厚木基地内のフォーゲル夫妻宅で川村登一師(東京烏山教会牧師)を招いて家庭集会を開始したところから、その歴史が始まっています。
  • 1957年、フォーゲル夫妻帰国に伴い、川村登一師を牧師に招聘(1965年退任→1983年召天)、町田市森野の借家で「単立町田ペンテコステ・ホーリネス教会」として発足しました。
  • 1959年 相模原市上鶴間の借家に移転し、「単立大野キリスト教会」に名称を変更しました。
  • 1965年 川村登一師の体調不良により、中澤啓介神学生を教職候補生として招聘しました。その翌年には、中澤啓介神学生が神学校卒業と同時に牧師に就任しました(2000年定年退任→宣教牧師に就任)
  • 1971年 現在の大野キリスト教会の所在地に会堂建設のための土地を取得。
  • 1972年 牧師館併設の会堂完成。
  • 1993年 教会東側隣接地を取得。教育館として活用。
  • 2000年 中澤信幸師、大野キリスト教会主任牧師に就任。
  • 2013年3月 新会堂建設が始まり2014年2月末に新会堂献堂。

大野キリスト教会は「いつだってあなたのために」をモットーに、あなたをお待ちしています。
神様への礼拝から始まり、多くの人との交流、祈り、外へ向けての活動など、一人ひとりが居場所を見つけてくつろげる場所を用意しています。
子どもから大人、お年寄り、男性、女性、家を守る方、子育て中の方、お仕事する方、介護する方、学生などなど、多くの方が集いあっています。